メモリの容量と枚数について

メモリが少ないとスワップが発生して動作速度が落ちる

パソコンのメモリ容量は最新のゲームをしたり、動画や画像の作成および編集を行う場合にとても関わってきます。メモリというのは作業をするためにパソコンが道具を一時的に置く作業台のようなもので、当然、その台が小さければ置ける道具の数も限られてしまい、作業効率が悪くなってしまいます。
では、会社の業務で使うパソコンにはあまりメモリ容量は関係ないのかというとそんなことはなく、やはり、できる限り多い方がいいでしょう。というのは、メモリ容量が多ければOSがスムーズに動作しますし、複数のソフトを起動するときもスピーディだからです。メモリ容量が少ないとハードディスクをメモリ代わりにするスワップと呼ばれる現状が起きてOSの動作は著しく低下します。

64ビットのOSなら32GB程度のメモリを積めば余裕が出る

では、メモリ容量は具体的にどれぐらいあればいいのでしょうか。目安となるのはまずOSが何ビットで動作しているのかという点です。もし、32ビットのOSが動作している場合はメモリ容量は最大でも4GBまでしか認識しない可能性があります。そのため、4GB以上積んでもあまり意味がありません。64ビットのOSであれば4GB以上でも認識するので、32GB程度のメモリ容量があれば余裕を持ってビジネスソフトを動作させられるでしょう。
また、メモリは2枚から4枚程度搭載できることが多いですが、一枚あたりの容量はできるだけ多いに越したことはありません。8GBのメモリを4枚積んで32GBとして動作させるよりも16GBのメモリを2枚で32GBにした方が、理論的には枚数が少ない分、故障の発生率が下がります。