HDDとSSDについて

HDDを選ぶメリット

法人向けパソコンの性能に関係するポイントとして、HDDとSSDについて調べてみましょう。HDDはSSDと比べて容量単価が安く、低いコストで大容量のストレージを確保できます。サイズは主に2.5インチと3.5インチの2種類で、ノートパソコンは2.5インチ、デスクトップパソコンには3.5インチが採用されていることが多いです。2.5インチは小型で発熱が少なく、省電力で動作します。3.5インチは2.5インチより容量単価が安く、読み書きも速いのが特徴です。ディスクの回転速度が速いモデルはその分性能も高くなっています。費用を少しでも安く抑えたいときや、大容量のデータを扱う場合はHDDを選ぶのがおすすめです。

SSDを選ぶメリット

SSDはデータをメモリーチップで読み書きしており、HDDと比べて静かで高速に動作するのが特徴です。OSの起動はもちろん、データへアクセスする作業が快適に行えます。駆動部分がなく動作音も発生しません。サイズは2.5インチが主流で、さらにコンパクトなタイプもあります。HDDより容量単価が高いため、コストを抑えたいときには注意が必要です。パソコンの動作音が気になる方や、容量より性能を重視したい場合にはSSDが向いています。容量が大きくなるほど単価は安くなるので、思い切って大容量のモデルを選ぶのもおすすめです。事前にメーカーやショップに相談してみるなど、オフィスの環境や目的に合わせて選んでみて下さい。